Basti Karma discourse in Osaka
2004.06.26 
By Dr.Bheema Bhat, M.D. (Ayurveda)
Ayurvedic medicated enema therapy
By Dr.Bheema Bhat, M.D. (Ayurveda)
Senior Ayurvedic Consultant & Head,
Department of Ayurveda,
Holy Family Hospital, New Delhi -110 025.
Phone : 001-91-11-2684 9231 (Res.) 2684 5900 (Hosp.)
e-mail: drbbhat@bol.net.in
 

 
 
 
BASTIKARMA

 

氈@Introduction
 
   Ayurveda is the science of life which deals with body, mind and soul.It is the ancient Indian traditional holistic medical science and aims at maintenance and promotion of health, prevention and cure of diseases.Its origin goes back
to Vedas and it is believed that Ayurveda is the sub-branch of Atharva Veda and this science was very highly developed knowledge of health and healing at that time. Due to various reasons this science suffered in its development and practice
in between but now-a- days Ayurveda is regaining its popularity as a better and safe medical science all over the world.
 It is mainly because of its good principles of health and healing.  In the near future Ayurveda may be one of the major medical sciences.It is wise to accept all good principles from every system of medicine and make a Universally acceptable healthy integrated system for the benefit of the mankind. Ayurveda is based upon Panchmahabhuta and Tridosha theory.  
   Health has been defined in Ayurveda as a total physical, psychological, spiritual and social well being.It has dealt in detail about how to preserve and enhance quality of health and prevent diseases by means of Swasthavritta which explains daily regimen, seasonal regimen and ethical regimen.
 
   The knowledge of constituion (physical and mental personality) has been given utmost importance in health as well as disease.Tridoshas-Vata, Pitta and Kapha,the biological humors maintain health in their equilibriumand cause disease in their imbalancedcondition. They keep on changing in their quality and quantity due to environmental factors, food, age, day-night, season, constitution, strength of the body and mind, etc. If the Doshas are aggravated beyond the physiological levels then due to pathological state diseases develop.
 
All diseases are mainly classified under 2 types viz. Shririka (physical) and Manasika (mental).Physical diseases are due imbalance of Vata,Pitta and Kapha Doshas, and menatal diseases are due imbalance condition of Rajasik and Tamasika Doshas of mind.
 
Ayurvedic management
3 types viz.,Daiva vyapashraya (religious and devine therapy)
Yukti vyapashraya ( theory based on reasoning)
Satwavajaya (psychic therapy)
 
2 types viz.,Preventive measure (by healthy lifestyle)
Curative (by actual treatment with medicines)
Curative measure may be further classified into
-Antah parimarjana (Internal medicine)
-Bahi parimarjana ( External use of medicine)
-Shastra pranidhana (surgical procedure)
 
-Curative measure may be again of two types viz.,
I.Nourishing (Santarpana) and Deplition (Apatarpana).
II. Purificatory (Samshodhana) and palliative(Samshamana)
 
 Samshodhana therapy
Human body is made up of innumerable channels and any alteration in the functions ofthese passages or
obstruction will lead to the maltransportation of metabolites to different parts when required for nutrition or excretion.  This disturbance thus ultimately leads to the genesis of disease. Samshodhana therapy helps to clean the channels and to rejuvenate them for ensuring a proper transportation of mebtabolites. Samshodhana aims at recouping the harmony of
diseased passages and retaining the harmony in normal states.
 
Samshodhana consists of a number of physico-physiological measures and Panchakarma is a classically formulated
Samshodhana regimen.
Ayurvedais the only system of medicine in the world which proposes the need of undertaking the purification of biological system from gross channels aiming to clean the entire organism to render it suitable for self recovery and therapeutic responsiveness.It is believed that once when the diseases are treated by Samshodhan or panchakarma, the chances
of recurance may be nil or negligible. Hence great importance has been given for Panchakarma.
 
「 Panchakarma therapy
Panchakarma therapy (bio-purification) is one of the great specialities in Ayurveda.
The following are Panchakarma procedures :
 
1.Vamana Karma (emesis or vomiting)
2.Virechana Karma (Purgation)
3.Anuvasana Basti (medicated oil base enemata)
4.Nirhuha Basti (medicated decoction-oil base enemata)
5.Nasya Karma (errhine therapy)
 
Object of Panchkarma Therapy
*Maintenance and promotion of health and prevention of Diseases in healthy individual
*Treatment of diseases
*Preparation for Rejuvenation and virilification therapy
 
Panchakarma procedure is of 3 steps :
1.Purva Karmawhich includesa) Snehana (internal and
External oleation) andb) Svedana (all kinds of sudation/heat Treatment).
2.Pradhana Karma (Vamana, virechana, Anuvasana
Basti, Niruha Basti and Nasya Karma)
3.Paschat Karma (post operative treatment which Includes samsarjana krama)
Ayurveda recommends Basti (medicated enemata) for aggravated Vata, Virechana (purgation) for Pitta and Vamana (emesis) for Kapha Dosha.
 
」 BASTI KARMA
In this procedure medicated oils and decoctions are introduced into the large intestine with the help of enema bag.Medicines administered by enema for desired effect is known as Basti Karma/therapy. According Ayurveda,Vata Dosha is the main morbid factor in the causation of diseases pertaining to tissues and organs of the body. Since Vata is also the physiological force behind the functions of elimination or retension of faeces, urine, bile, wind, semen, menstrual blood,
Basti is the main therapy of excessive excited Vata. Therefore Basti Karma is considered half the treatment of all the diseases described in Ayurveda. This therapy is also useful as a health promoting measure. It helps in rejuvenation and it provides happiness, long life, strength, intelligence, clear voice and lustre to healthy person. It is beneficial for the old as well as for the young and there are no notable hazards in this therapy. It cures all kinds of diseases due to the varied Pharmacodynamics as various kinds of drugs medicaments used in its preparations.In Basti Karma the medicines are introduced into large intestine or vagina or urinary bladder.
 
、 Classification of Basti ;
1.According to the site : 4 types
Rectum,
Vagina
Urinary bladder
Wound cavity
 
2.According to the substance used :2 types
Niruha Basti (medicated decoctionand oil base)
Anuvasana Basti(maily oil base)
 
3.According to therapeutic action :many types
Shodhana
Shamana
Snehana
Lekhana
Brihmana
Doshahara
 
4.According to the course of treatment: 3 types
Yoga Basti(5Anuvasana Basti + 3 Niruha Basti)
Kala Basti (10 Anuvasana Basti + 6 Niruha Basti)
Karma Basti (18Anuvasana Basti + 12 Niruha)
 
・ Indication of Niruha Basti :
Indication of Niruha Basti :
All vata diseases, Diseases of joints, nervous system- Hemiplegia, paraplegia;parkinsonism, chronic constipation, pain in the body, etc.
 
Contra-indication of Niruha Basti :
Indigestion, obstruction or perforation of intestine, very old or debilitated person, diarrhoea, vomiting, after taking food, persons suffering from tuberculosis, ascitis, peritonitis, asthma.
 
Indication of Auvasana Basti:
Those who are fit to undergo Niruha Basti, wasting and debilitated diseases, dryness or roughness of skin.
 
Contra-indication of Anuvasana Basti :
Those who are contra-indicated for Niruha Basti except after taking food, persons suffering from anemia, jaundice, obesity, hemorrhoids, intestinal parasites, kapha diseases.
 
Indication of Uttara Basti:
Urinary prolapse, leucorrhoea, menorrhagia, urinary obstruction, habitual abortion and infertility.
 
 
Procedure of Basti:
External oil massage
Fomentation
Preparation of Basti medicaments for Anuvasana/Niruha. In Anuasana Basti mediated oil 60 ml. + rock salt 2 gm +
Shatapushpa powder 5 gm.
Enema syringe may be used to give Anuvasana Basti.For Niruha Basti honey, rock salt, medicated oil according to the prakriti/disease, paste prepared from medicines and medicated decoction. 0.8 to1.0 litre may beprepared in a methodical way.Enema set may be used to give Niruha Basti. For Uttara Basti medicated oil and decoction may be used. The medicaments are introduced into vagina/ urinary bladder through catheter as per the suitable size. Detail descriptions are available in Ayurvedic texts regarding the Basti netra (nozzle), Basti putaka (bladder/can), quantity of medicines used, indications contra-indcation of Basti karma, procedure ofBasti Karma, complications, signs and symptoms of Basti Karma etc.
 
Induction of Basti substance in left lateral position
 
Observation: In Niruha Basti the content should come out within 48 min.
 
ァ Signs and Symptoms of proper administration of Basti:
Stool and urine move out without any obstruction
Vata, Pitta and Kapha move out gradually
Feels lightness in the body Appetite, digestion and metabolism improves
 
Symptoms of the diseases reduce
Feeling of well being and increase in general health.
Ayoga and Atiyoga complications, if any, are to be treated accordingly.
Hence, Basti Karma is a very important and essential Panchakarma procedure in Ayurveda which is beneficial for maintenance and promotion of health, prevention of diseases and management of various vata diseases.

 日本語訳
        アーユルヴェーダの薬用浣腸療法(バスティカルマ)
             Dr.Bheema.Bhat.M.D.(AYU.)
             イナムラ・ヒロエ・シャルマ訳
 
《1》序文
    アーユルヴェーダは身体、精神、魂を扱う生命に関する学問です。健康を増進し病気を予防し、
かつ、疾病の治療を目的とする古代インドの伝統的、ホリスティックな医学であります。
アーユルヴェーダの起源はヴェーダにさかのぽり、アタルヴァヴェーダの副ヴェーダであると確信され
ています。この科学は当時非常によく発達した健康と治療の知識をもっていました。種々の理由から
この学問が現在に至るまでにはその発展には実践上での困難がありましたが、最近、アーユルヴェーダ
は世界中でより良い医学、より安全な医療として、主に健康と治療の優れた原則の故に、その人気を
再び獲得しつつあります。近い将来アーユルヴェーダは重要な医学の一つになるでしょう。人類の幸福
のためにあらゆる医学体系の原則の中で、良いと思われるものは全て受け入れ、世界中で容認できうる
統合的健康体系を創り出すことは賢明なことです。
 
    アーユルヴェーダはパンチャマハーブータ理論(五大元素論)とトリドーシャ理論(三大病因論)
に基づいて構築されています。また健康とは身体的、精神的、霊魂的、社会的に最良の状態であると
アーユルヴェーダは定義づけています。すなわちそのことは健康を如何に維持し増長させるか、さらに
日常の過ごし方、季節養生法、倫理的態度の高揚により、如何に病気を予防するかについて詳細に論じ
ています。体質の知識(身体的、精神的な個体の特質についての知識)は、健康なときにも病気の場合に
も同様、最も重要と考えられています。
トリドーシャ、すなわちヴァータ、ピッタおよびカパドーシャ、これらの生物学的体液はバランス状態
にあれば健康を維持し、バランスが崩れた場合には病気を引き起こす原因となります。ドーシャは環境
因子、食物、年齢、昼夜、季節、体質、体力の強さ、精神力の強さ、などにより質と量が変化します。
もしドーシャが生理的レベル以上に増大すれば病的状態となり病気が発生します。
あらゆる病気は主もに身体的疾患(シャーリーリカ)と、精神性疾患(マーナシカ)に2大別されます。
すなわち身体的疾患は身体内のヴァータ、ピッタ、カパドーシャのアンバランスにより、精神性疾患は
精神のラジャス、タマスドーシャのアンバランスにより発生するのです。
 
《2》アーユルヴエーダの治療
   アーユルヴェーダ治療の分類
 
1 宗教的・神的治療      (ダイヴァ・ヴャパーシュラヤ)
2 理論に基づく合理的治療  (ユクティ・ヴャパーシュラヤ)
3 精神的治療        (サットヴァーヴァジャヤ)
 
1 予防的治療        (健康的ライフスタイルの実践)
2 疾病治療         (薬物による実際の治療)
 
   疾病治療はさらに3種類に分類
 
氈@内科的治療(経口摂取による方法) (アンタハ・パリマールジャナ)
 外用治療(身体外部からの方法)  (バヒル・パリマールジャナ)
。 外科的治療(手術による方法)   (シャストラ・プラーターナ)
 
 
 
  疾病治療は再び2種類に分類
A 栄養、滋養療法 (サンタルパナ)  と 減弱療法 (アパタルパナ)
B 浄化療法    (サムショーダナ) と 鎮静療法 (サムシャマナ)
 
 
《3》浄化療法(サムシヨーダナ)
 
 
    人体は無数の管でできておりこれらの管の働きに何らかの変化、又は閉塞が起こると必要と
する代謝物質を体内の諸々の組織へ運ぶことができなくなったり、身体老廃物の排泄がうまくできなく
なり、こうした障害がついには病気の発生を導くことになります。浄化療法は人の管の浄化を援助し、
代謝物質の適切な運搬を強化するように管を若返えらせます。また浄化療法は病的な管(通路)の調和を
快復させるという目的をもっています。浄化療法は多くの身体生理学的方法を含んでおり、パンチャ
カルマは伝統的な浄化療法と食事療法といえます。アーユルヴェーダは大きな管から体の組織全体を
浄化し、生体が自ら快復し、治療に対して感応し得るようにするために、生物体系に浄化を行う必要が
あることを提唱する、唯一の医学体系です。浄化療法によって、またはパンチャカルマによって、一度
病気が治癒すると再発の機会は全くないか、あったとしても極まれであると一般に信じられています。
従って最も大きな重要性がパンチャカルマに与えられています。
 
《4》バンチヤカルマ
  パンチャカルマはアーユルヴェーダの中では非常に特殊な治療の一つであり、以下の5つが
あります。
   《パンチャカルマ種類》
 
1) 催吐法       (ヴァマナ・カルマ)
2) 催下法       (ヴィレーチャナ・カルマ)
3) 油剤浣腸法     (アヌヴァーサナ・バスティ)
4) 煎液浣腸法     (ニルーハ・バスティ)
5) 催ティ法(経鼻法   (ナスヤ・カルマ)
 
 
   《パンチャカルマ治療の目的》
 
1) 健康人の健康を維持増進し、病気を予防する
2) 疾病の治療
3) 強壮(若返り、老化遅延)のための準備、および強精治療
 
   《パンチャカルマの手順》
 
  パンチャカルマの進め方は次の3つのステップにより行います。
 
1  前処置 (プールヴァカルマ)
 
a 油剤法(スネーハナ)  〜身体内外から油剤を使用し油性を増す
b 発汗法(スヴェーダナ) 〜あらゆる種類の発汗法、加熱を行う
 
2  主処置(プラダーナカルマ)
 
a 催吐法  b 催下法  c 油性浣腸  d 煎液浣腸  e 催嚔法(経鼻法)
 
3  後処置(パスチャートカルマ)
 
a 食事法 (サンサルジャナ・クラマ)
b 鎮静投薬療法 (シャマナ・アウシャディ)
 
  アーユルヴェーダは浣腸法を悪化したヴァータドーシャの、催下法を悪化したピッタドーシャの、
催吐法を悪化したカパドーシャの浄化法として推奨しています。
 
《5》浣腸療法(バスティ・カルマ)
 
 
  浣腸療法(バスティカルマ)では浣腸容器(袋)の助けをかりて薬用油剤と煎じ液を大腸に注入
します。望む効果を得るために浣腸により処方された薬物が浣腸療法(バスティカルマ)です。
アーユルヴェーダによれば疾病原因、身体組織、臓器に関連する病気の原因はヴァータドーシャが主
たる悪化ドーシャとしています。便、尿、ガス、精液、月経血の排泄、又は停滞などの機能の後方に
ヴァータドーシャこそが生理学的力をもっているので、浣腸療法は異常に増大したヴァータドーシャ
の重要な治療法となります。だからこそ浣腸療法がアーユルヴェーダに記載されているすべての病気
治療の半分を占めるとみなされているのです。この治療法は健康を増進する方法としても有効です。
浣腸療法は健康な人の若返りを助け、幸福感、長寿、力強さ、知力、澄んだ声、皮膚の艶を増します。
老人にも若年者にも有効であり、またこの治療法には特記すべき障害もありません。浣腸薬の製法で
は多種多様の薬物を含んでいますので種々の薬理学的作用によって、あらゆる種類の病気を治癒させ
ます。
  浣腸療法では薬物を大腸、膣、又は膀胱に注入します。
 
《6》浣腸療法の種類
 
1 部位別では4種類
  @直腸  A膣  B膀胱  C化膿洞 
 
2 使用薬物により2種類
  @煎じ液(煎液+油剤) A油剤(主に油剤)
 
3 治療上の作用により6種類
  @浄化 A鎮静 B油性 C落削 D滋養 Eドー一シャ抑制
 
4 浣腸回数により3種類
  @ヨーガ浣腸 8回 ( 5油剤+3煎液)
  Aカーラ浣腸16回 (10油剤+6煎液)
  Bカルマ浣腸30回 (18油剤+12煎液)
 
 
《7》浣腸療法の適応、不適応
 
《煎液浣腸の適応》
   全てのヴァータ性疾患、骨関節疾患、神経性疾患(片麻痺、両側麻痺)、
   パーキンソン氏病・慢性便秘、身体内の疼痛など。
 
《煎液涜腸の不適応》
 
   消化不良、大腸の閉塞、大腸の穿孔、非常な高齢者、極度の体力喪失、
   下痢症、嘔吐症、食直後、結核、腹水、ゼンソク、腹膜炎など。
 
《油剤沈腸の適応》
 
   煎液浣腸の適応者、痩せ、体力減弱者、身体の乾燥、身体の皮膚が粗い人など。
 
《油剤沈腸の不適応》
 
   煎液浣腸の不適応者 (但し食直後を除く)、貧血、黄疸、肥満、痔疾患、
   腸内寄生虫症、カパ性疾患など。
 
《ウッタラバスティ(膣浣腸)の適応》
 
   泌尿器系の脱、白帯下、膣出血、尿閉、習慣性流産、不妊症など。
   
 《8》浣腸治療の手順
 
1 オイルマッサージ(厨から下部)
2 温竃法(発汗法)
3 浣腸薬の準備
   油剤浣腸-@薬油120mlA岩塩2gBフェンネル粉末5g
   煎液浣腸-@煎液1-0.8リットル所定の方法に従い作る
        A蜂蜜 B岩塩 C薬油 Dペースト
   膣浣腸 -@薬油 A煎液
 
4 必要物品-浣腸器具セット、浣腸注入筒先(ネトラ)、浣腸用袋(缶)、
      カテーテル(膀胱、膣、直腸)-適切な大きさのもの
 
5 体位-左側臥位
6 使用する薬物の量を決定7適応、不適応、挿入手順、合併症、を熟知しておく
 
8 観察-煎液浣腸は48分以内に排泄されなければならない。
 
Vl
 
浣腸注入容器を油性浣腸に使用してもよい。煎液浣腸にはハチミツ、岩塩、体質、疾病に応じて製材
された薬油、薬物粉末ペースト(練剤)、煎液0.8-1.0リットルを所定の方法に従いつくる。
浣腸セットは膣浣腸(ウッタラバスティ)に煎液を浣腸する場合に使用する。これには薬油と煎液を使
用する。薬物は適切なサイズのカテーテルで膣または膀胱に注入する。浣腸注入管(ネトラ)、浣腸用
袋または缶(バスティ)、浣腸薬物の使用量、浣腸療法の適応、不適応、浣腸の手順、合併症、浣腸後
の症状などに関する詳細な説明ついては、アーユルヴェーダの教本に示されている。
 
《9》適切に行われた浣腸療法の特徴
 
 
1 便、尿、が問題なく排泄され、ヴァータ、ピッタ、カパが順に排泄される。
2 身体に軽快感が感じられる。
3 食欲がわき、消化力が強まり、摂取栄養物の吸収が向上。
4 病気による症状の軽減。
 
  浣腸が不十分(アヨーガ)、過剰(アティヨーガ)に行われたとき、合併症がでたときは
  各々に応じた治療をする。
 
  このようにアーユルヴェーダのパンチャカルマ治療の中では浣腸療法は非常に重要、かつ必要な
  治療法であり、健康の維持増進、疾病の予防に有効であり、様々なヴァータ性疾患に対する治療
  法です。

index  Phote